0感覚を付ける!

生まれながらにして目が見えない人が、視覚という新しい感覚を得たらそれはそれは感動でしょう。生まれながらにして5つの感覚を持っている人類が、新しい0感覚を得る感動をお伝えしていきます。

苦手な事があるから、人は美しい

f:id:k-bss:20181218114926j:plain

つまらない人生をウキウキの人生に☆
0感覚を付けて、人生リライズしちゃいましょう!

こんにちは、塚田武宏です。


自分はあれが出来ない、これが苦手だ、と自己否定している方に向けて書いた記事です。

僕には、出来ないこと苦手なことがかなり多いです。

幼稚園児なみの絵しか書けませんし、滑舌も良くない。

人前で話すのは下手だし、歌を歌っても音程が外れまくる。

お酒は飲めないから酒の席に呼ばれないし、体が弱いからしょっちゅう頭が痛くなる。

料理はほとんで作れないし、裁縫にいたってはボタン一つ付けられない。

外国人とコミュニケーション取ることは不可能な英語力だし、歴史も地理も一般常識も弱い。

そんな僕だけど、いやそんな僕だからこそ、出来ることがある。


それは


人を頼ることwww


でもね、実際人って、人に頼られると嬉しいですよね。

そんなことありませんか?

自分を頼ってくれる人をかわいく思えたりしませんか?


僕は苦手な事が多いですが、数字には強かったりするので、数字の資料を作ったり、excelで表を作ったりは普通に出来ます。

ですので、そういうことが苦手な人を手伝ってあげられます。

すべてを自分一人でやるのか、苦手なことは手伝ってもらって得意なことを手伝ってあげる、その関係性を築くのか。


人は自分の弱いところを見せたくないから、手伝ってあげるのは良いけど手伝ってもらうのは恥ずかしい、と思いがちですが、逆の立場になってみれば理解できるはずです。

いかに人から頼られることが嬉しい事か。

人を頼るということは、その人に喜びをプレゼントしていることです。


ちなみに昔の僕は、自分一人で頑張る人間でした。

けれどそれでは心がイマイチ満たされない。

そんな時にnTechに出会い、自分の観点を解き、真実の世界を理解したのです。

そうです、真実の世界には境界線が無いのです。

ひとつしかないのです。

それなのに、今生きている現実には境界線がたくさんある。

自分と相手という別の存在があるっぽく見える。

それはなぜか?

境界線がある理由を悟り知った時に、僕は心から周りの人も自分の事も許せ、そして協力関係を結びたい、と強く願うようになったのです。


出来ないことを出来るように努力すること、それも美しいことです。

しかし、人には出来ないことが多すぎる。

すべての出来ないことを出来るようにすることは不可能です。

だからこそ、人を頼りましょう。

真実の世界を理解して、最高の人間関係を築いていきましょう。

自分が変われば世界は変わります。

これからはチームプレーの時代です!