0感覚を付ける!

生まれながらにして目が見えない人が、視覚という新しい感覚を得たらそれはそれは感動でしょう。生まれながらにして5つの感覚を持っている人類が、新しい0感覚を得る感動をお伝えしていきます。

その苦しさ、本当?

f:id:k-bss:20181211183220j:plain


つまらない人生をウキウキの人生に☆
0感覚を付けて、人生リライズしちゃいましょう!

こんにちは、塚田武宏です。


僕には弟と妹がいまして、子どもの頃は毎日のようにケンカをしていました。

ケンカと言えば聞こえは良いですが、完全に弱いものイジメだったと思います。

大人になるにつれてケンカは無くなっていき、今では毎年両親も一緒に旅行に行く仲です。


先日、勇気を出して妹に聞いてみました。

『子どもの頃、毎日のようにイジメられていて嫌じゃなかった?』


自分の過ちを認めることは苦しいものです。

なんと言われるかドキドキしていたら、妹は言いました。

『えっ、イジメられていたっけ?泣かされた覚え、無いけど。』


その言葉を聞いて、僕は信じられませんでした。

妹を泣かしていたのは事実です。

それなのに覚えていない?


妹は一緒にゲームしたり外食したりした楽しい思い出は覚えているのです。

これはどういうことでしょう?


『この現実は、観点の結果物』だということです。

僕の観点から見た僕の現実と、妹の観点から見た妹の現実は全く違うのです。


もちろん、イジメた過去を反省はしていますよ。

しかし、相手に確認もしないで、勝手に自分一人で苦しくなることは無い、ということです。


「あの人に嫌われている」と思っていても、実際はそんなこと無い可能性があります。

「仕事ができない人だと思われている」

「一緒にいてもつまらない人だと思われている」

全部、確かめましたか?と言うことです。


自分の観点の中で、苦しむのはやめましょうね。