0感覚を付ける!

生まれながらにして目が見えない人が、視覚という新しい感覚を得たらそれはそれは感動でしょう。生まれながらにして5つの感覚を持っている人類が、新しい0感覚を得る感動をお伝えしていきます。

0感覚って何?

f:id:k-bss:20180824052927j:plain

つまらない人生をウキウキの人生に☆
0感覚を付けて、人生リライズしちゃいましょう!

こんにちは、塚田武宏です。

 

「0感覚」
普段聞かない単語ですよね。

今日はこのブログの中心キーワードでもある「0感覚」について書いてみたいと思います。

人間には、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の5つの感覚があります。
よく5感覚といってまとめて表現することがありますよね。

0感覚とは、この5感覚とは全く違う新しい感覚のことで、人類がこれからの時代で得ていく感覚になります。


それでは、5感覚と0感覚を比較して見ていきましょう。
比較することで理解しやすいと思いますので。


5感覚は、自分の体が主体です。
しかし0感覚は、主体が宇宙の外にあります。

0感覚を付けることで、宇宙の外から全体を観ることが出来るようになります。
もちろん物理的な肉体は宇宙の外まで移動しません(笑)
体の感覚ではなく、心の感覚といった感じです♪


イメージを膨らませるために、他にも色んな言葉を使って表現してみたいと思います。

5感覚は支配されます。
0感覚は支配します。
どういうことでしょうか。
5感覚で情報を得るのはとても受動的です。
自分の強い意思が無くても、5感覚から情報を得ることが出来てしまいます。
対して0感覚は自分の意思が無いと使えません。
自分が主体的に0感覚を使って情報を洞察するため、環境に支配されず、逆に環境を支配することが可能なのです。

すぐには腑に落ちないかもしれませんが、0感覚を付けるまでの辛抱です。

 

次に行きますね。
5感覚だけを使っている限り、カルマにつかまってしまいます。
自分で本当の自分の人生を切り拓いていませんので。
対して0感覚を使うことで、カルマを切って、本当の自分で生きられるようになります。


5感覚だけでは、自分がなぜ存在しているのか、が分かりません。
5感覚は結果を認識する認識方式だからです。
0感覚を使えば、自分がなぜ存在しているのか、その理由が明確に分かります。
0感覚は原因と仕組みを観る認識方式だからです。

 

5感覚は努力せずとも使えますが、0感覚は理解によって使えるようになります。
目が見えない状態で生まれた人が、大人になって目が見えるようになったなら、それはどれ程の歓喜でしょうか。
5感覚で生まれた私たちが、0感覚を付けた時の歓喜はこれを遥かに超えていきます。
0感覚は自然には付きません。しかし、ぜひ付けたいと思いませんか?


今日は0感覚を5感覚と比較して説明してみました。

が、これでは全然説明が足りていません。
もっと別の言葉で表現することも可能ですし、これからも分かりやすく伝えていきたいと思います。