0感覚を付ける!

生まれながらにして目が見えない人が、視覚という新しい感覚を得たらそれはそれは感動でしょう。生まれながらにして5つの感覚を持っている人類が、新しい0感覚を得る感動をお伝えしていきます。

SSMの効用

f:id:k-bss:20190516150744j:plain


つまらない人生をウキウキの人生に☆
0感覚を付けて、人生リライズしちゃいましょう!

こんにちは、塚田武宏です。


本日は、コミュニケーション手法「SSM」について説明いたします。

イベントのアイスブレイクに使ったり、講義内容を仲間とシェアし合ったり、あるテーマについて深め合ったり、といろいろな使い道があります。

とても有益なものですので、初めての方にも分かり易くお伝えいたします。

 

◆SSMは何の略?

SSMは、Super Speed Meeting(スーパー スピード ミーティング)の略です。

日本語に直訳すると「超速い出会い」となります。


◆SSMのやり方は?

・最初に2人ペアを組みます。

・ファシリテーターから、SSMのテーマと時間(2分~7分)が指定されます。

・お互いの目を見て、笑顔と握手で「よろしくお願いします」と言って始めます。

・テーマについてのみ話します。雑談は不要です。

・時間になったらファシリテーターが終了ですと言います。そうしたら笑顔と握手で「ありがとうございました」と言って終わります。

・次のテーマに移る時は、ペアも組みなおします。

これがSSMの流れです。


◆SSMをする時に気を付けることは?

一人でずっと話すのではなく、与えられた時間内に2人が話せるようにしてください。

相手が話していることを否定してはいけません。優しい笑顔で最後まで聞いてあげてください。

自分が話すときは、遠慮せず感じていることをちゃんと伝えましょう。

話を聞くときは、話す相手が∞アウトプット、話を聞く自分は0になって聞きます。

話をする時は逆に、話す自分が∞アウトプット、話を聞く相手は0になって聞きます。

これを、0と∞のコミュニケーションと言ったりします。


◆SSMの良いところは?

私はほめゲーというワークショップを開催するときに、必ずこのSSMを取り入れています。

何故かというと、良いことがたくさんあるからです。

まず、大勢の前だと恥ずかしくて話せない人も、2人であればあがることなく話せます。

初めて会った人とも簡単に打ち解けられます。

 

あと、アウトプットする時間が多くなります。

例えば、10人で自己紹介するときに、一人1分ずつ自己紹介をしたら、10分間の使い方は、話す時間1分、聞く時間9分になります。

これでは飽きてしまいますよね。

同じ10分間で、SSMを2分×5回行えば、話す時間5分、聞く時間5分になります。

場が盛り上がりますので、場を作る方は取り入れてみてください。

 

以上となります。

学校でも取り入れたら、学習効果が高まると思います♪(^^)