令和の幸福論

本当の幸せって何? ○✖がある世界に幸せってあるの? 今ここ絶対的な幸せ感覚を手に入れるには? 最新の幸福論を考察していくブログです。 皆さんの幸せに貢献できますように☆

コミュニケーションの極意

最近、つくづくコミュニケーションが上手くいくケースと上手くいかないケースの違いを目の当たりにする。

一言で言うと「観点の問題を知っているかどうか」です。

この「観点の問題を知っている」とどうなるかというと(もちろん知っているだけで超えられない場合はダメですが)、相手と話をする際に、自分の観点を分かった上で、更に相手の言葉は相手の観点から来ているということを分かった上で、コミュニケーションを取れます。

逆に「観点の問題を分かっていない」とどうなるかというと、自分の判断基準が絶対に正しいと無意識に思い込んでいるのです。
だから、自分と違う意見を相手が言うと、無意識にバカにしたり諦めたり。

離婚する際などに、一般的によく使われるのが「価値観が合わない」ですが、この価値観・判断基準を生み出しているのが「観点」です。

そしてこの「観点」には、一人ひとりが持っている観点もありますが、人間共通で持っている観点もあります。

そのことを理解してしまえば、何にも縛られることなく、自分の人生を生きながら、相手とも協力関係を結べるようになります。

観点の問題を知っている人は、上等なコミュニケーションをとって、良質な人間関係を構築しています。

令和哲学カフェがリニューアル!

平日毎日楽しんでいる令和哲学カフェ。

今週からリニューアルします!

なんと、『SAMURAIを哲学する』となります!

気になるSAMURAIですが、下記のようになっています。

月:宮本武蔵

火:新渡戸稲造・武士道

水:坂本龍馬

木:吉田松陰

金:葉隠

今までの西洋哲学者を取り上げるのでも楽しかったですが、満を持してのSAMURAI哲学という感じがします。

大和魂の原点に出会えそう☆

 

お刺身をお皿に盛りつけるか問題

スーパーでお刺身を買ってきて食卓に出す際に、パックのまま出すか、お皿に盛りつけて出すか、でケンカする夫婦が結構います。
そのことをTVで取り上げていて、コメンテーターは「お皿に盛りつけるのも洗うのも手間がかかる。そんなにお皿に盛りつけて欲しかったら自分でやればいいじゃん。奥さんは家事を少しでも減らしたいんだから」って話してました。

う~ん、、、そうじゃないんだよね。。

僕の友人夫婦もこのことでケンカしていますが、食事の準備をする奥さんがお皿に盛り付けたいと思っているのに、食べるだけの旦那さんに無駄なことはするなと止められているのです。食器洗うのも奥さんですよ。

奥さんは少しぐらい手間がかかっても良いから食事を楽しみたい、と思っているのです。

結局、「だったら自分でやればいいじゃん」という意見はまったく解決策になっていないのです。

それではこの問題の本質はどこにあるのでしょうか。

一般的には「価値観の違い」と言われていますが、価値観が生まれる前に「観点」があります。

そうなんです、二人の観点の違いが本質的な原因なのです。
この「観点の問題」を解決しないと、事あるごとにケンカが起こります。

観点の問題はとっても大切なことですので、またの機会に書きたいと思います。

分かり合えない地獄

このりんご、美味しいね。

うん、美味しいね。 

何気ない会話。
分かり合えた、共感してもらえた、そんな喜び、幸せ、満足感。
しかし、実際は何一つ分かり合えていなかった。
なぜならば、りんごに対するイメージも違うし、美味しいのイメージも違う。

お互いの持っているイメージが違うにもかかわらず、なぜ人は分かり合えた、共感してもらえた、なんて能天気に思えるのだろう?
それは、自分の見ている世界と相手が見ている世界が同じだと思い込んでいるから。
本当はまったく違うのに。。。
まったく違う世界を見ているにもかかわらず、同じ世界を見ていると思い込んでいるから、分かってくれない、共感してくれない、ってケンカになる。
そもそも分かり合えないのが普通なんですが。。。

しかし!!!
諦めてはいけないのです!
深いところから分かり合える関係性を創れるのです☆
それは認識について学べばよく理解できます。
認識技術nTechは最高の学問です。

宗教戦争を起こさないためには

私は無宗教です。また、信仰の自由は大切なことだと思います。
ただ、世界では宗教戦争が起こっていることも事実です。
ここ日本でも、2022年7月8日に安倍元総理が襲撃されましたが、あれも宗教絡みでした。

悲しい事件を起こさないために、なにが必要なのでしょうか?
そもそも、なぜ戦争という悲しい事件が起こってしまうのでしょうか。

戦争は常に正義と正義の対立だとよく言われています。
そうなんです、どちらも自分の方が正しくて相手が間違えている、と思っているのです。宗教はその傾向が特に強いです。

宗教戦争を起こさないために必要なことは、「自分の方が絶対に正しい」という強固な信念を手放せるようになることです。
自分が間違えている、と思う必要はありません。相手の考えにも一理あることを理解することです。

と言われてもそんなに簡単ではありませんよね。
わたしも自分の考えがどのように成り立っているのか、それを理解するまではできませんでした。
今はnTechという認識技術を学んだおかげで、自分の考えに縛られないでいます。
この技術は本当に世界を平和に導く技術です。

宗教の限界を超える完全学問、というタイトルでYoutubuに動画があります。

youtu.be

宗教戦争を起こさないために、これはもっとミクロな世界、人と人とが仲良くなるには、という命題の答えにもなります。
平和な世の中を創っていきましょう。

国葬について、世論真っ二つ

安倍さんの国葬について、こんなにも世論が真っ二つに割れていることは、とても興味深い現象です。

一言で表現すると、
内政について評価している人は反対
外交について評価している人は賛成
なのかなと。

森友学園の問題は結局うやむやに終わりました。
人の命が失われているのに・・・

桜を見る会もお友達を優遇しているんじゃないか・・・

経済政策も、大企業が潤えば中小企業も潤うという話だったのに、蓋を開けてみたら貧困化が激しくなっている・・・

この視点で見れば国葬反対になるのも分かります。

 

逆に賛成の人は外交を評価しているのかなと。

原爆が落とされてから70年経っても、アメリカ大統領が被爆地に来ることはありませんでした。それを実現したのが安倍総理でした。
当時の菅官房長官、岸田外務大臣とのタッグで、2016年オバマ大統領の広島訪問を実現させました。
歴史的なビッグニュースです。

また、慰安婦問題についても、最終的かつ不可逆的に解決してくれたのは安倍総理であり、子孫の代がこの問題で苦しむことが無いようにしてくれました。

この視点で見れば国葬賛成になるのも分かります。

 

安倍さんが襲撃されて2ヶ月経ったということで、つれづれなるままに。

絶対世界と相対世界の関係性を学ぶ

金曜日から今日までの3日間、industry5.0セミナーを受講していました。

Industry5.0セミナー | NR JAPAN株式会社

朝9:00~夜の9:00まで(最終日のみ夜の7時まで)という長時間セミナーですが、講師の方は時間が足りないと焦っていました。
内容がめちゃくちゃ深くて、他では絶対に絶対に絶対に聞けない内容でした。
33万円のセミナーに100人受講するって凄いですよね。
目に見える世界だけが絶対だと信じていた昭和の時代から、平成、令和となって、今では目で見える世界は錯覚だという理論が受け入れられつつあります。
その最先端の技術を学べるセミナーというだけあって大人気です。(とはいえ、今回はさすがに通常の回よりも受講者が多かったとのこと)

3日間受けてみての感想は、大満足ですね。
すごいなぁ、なるほどなぁ、そんなこと考えた事ないよ、そんな感じで脳に汗をかくことがずっと続くのです。
難しいけど面白いのです。
オンラインセミナーなので、みんな全国各地から受講していて、中には海外から受講されている方もいました。いろんな方とたくさん出会えたのも刺激になりました。

受講し終わった今は脳が疲れ切っていますが、このセミナーで学んだことを活かして、人間完成・人間卒業して新しい時代を切り拓いていきたいです。

深い問題意識を持っていたり、人生大反転を起こしたい人にはお勧めです!