0感覚を付ける!

生まれながらにして目が見えない人が、視覚という新しい感覚を得たらそれはそれは感動でしょう。生まれながらにして5つの感覚を持っている人類が、新しい0感覚を得る感動をお伝えしていきます。

小出監督のほめて伸ばす指導法

f:id:k-bss:20190509160355j:plain


つまらない人生をウキウキの人生に☆
0感覚を付けて、人生リライズしちゃいましょう!

こんにちは、塚田武宏です。


平成の終わりに、小出監督がお亡くなりになりました。

金メダリスト高橋尚子さんの才能を見出し、育てた素晴らしい指導者です。

その小出監督は、当時のスポーツ界では考えられないような「ほめて伸ばす」指導法だったということです。

普通の指導者は、選手の「ダメなところ、足りないところ」を指摘して、それを直すことで結果が良くなると思っています。

しかし、実はそういう指摘の前に、まずは「ほめる」ことが大切だと。

その「ほめる効用」を小出監督は教えてくれています。

今でこそ「ほめ教育」も認知されてきましたが、当時はまだ「厳しい指導」が当たり前だった時代ですから、かなり先駆者でしたね。


さて、それではどのような「ほめ方」が良いのでしょうか?

ほめるのが大切だと言われても、上手くほめられないよー、という声が聞こえてきそうです。


人によって、褒められて嬉しいキーワードは違います。

例えば、小悪魔みたいだね、と言われて喜ぶ女性もいれば、まったく嬉しくない女性もいます。

それではどのような言葉をかけたら良いのでしょうか?

実は、この言葉を言ったら必ず喜んでくれる、というキラーワードはありません。

ですから、普段から相手をよく観察することが大切です。

どこかで学んだほめ言葉ではなく、相手を観察することで見つけるほめ言葉。

いや、むしろ、よく見てもらえていることで、その指導者への信頼が芽生えていきます。

相手のことを信頼して、よく見て、適切なほめ言葉をかけてあげてください。