0感覚を付ける!

生まれながらにして目が見えない人が、視覚という新しい感覚を得たらそれはそれは感動でしょう。生まれながらにして5つの感覚を持っている人類が、新しい0感覚を得る感動をお伝えしていきます。

旦那が会話をしてくれないケースの突破方法(前半)

f:id:k-bss:20180829132803j:plain

 つまらない人生をウキウキの人生に☆
0感覚を付けて、人生リライズしちゃいましょう!

こんにちは、塚田武宏です。


結婚して11年経った女性からセッションの依頼がありました。
(本人の許可をいただいて掲載しています)


彼女が言うには、
・旦那が育児に非協力的
・そもそも会話すらほとんどない。
・口を開いたかと思えば、文句と不満のオンパレード。

同じ男性として恥ずかしい、、、

これじゃあ、「結婚生活って何?子育てって何?こんなはずじゃなかったーーー!!!」って怒りも湧いてきますよね。

 

夫婦で相談しながら、協力しながら、感動や苦しみを共有しながら子育てをすることが、理想的な夫婦であり理想的な関係性ですよね!

そのためには、旦那さまとのコミュニケーションが必要不可欠です。

そこで今日から2回にわたって、このクライアントさんとどんなセッションをして旦那さまとの会話が復活したかを書きたいと思います。

 

 

◆Step1 言葉や表情がどのように出てくるのかを説明

言葉や表情は5感覚で得られる情報で、これを意識(コンテンツ)と言います。
それに対して、その言葉や表情が出てくる背景がありまして、これを無意識(コンテクスト)と言います。

この意識と無意識の仕組みを知らないと、言われた言葉や相手の表情にいちいち反応してしまいます。
ですので、まず最初に意識と無意識の仕組みを説明させていただきました。

 

 

◆Step2 自分の無意識と出会う練習

相手の言葉や表情を5感覚で受け取った時に、感情が出てきますよね。

このクライアントさんの場合は「怒り」の感情が多かったです。

クライアントさんは、怒りが出ることはいけないことだ、止めるべきだと言っていました。

私は、怒りが出ることが良いとか悪いとか言うつもりはありません。
私が言いたいのは、「怒りが出る」はすでに「結果」だということです。
結果に対して〇×したり、結果を変えようとしても難しいんです。
原因を変える、それが近道です♪

 

マンツーマンセッションで、このクライアントさんはなぜ怒りという感情が出るのか、その仕組みを確認させていただきました。

ここまでで4時間かかりましたので初回のセッションはここまでとし、宿題を出させていただきました。

「旦那の言葉 ⇒ 自分の感情」シートへの記入をお願いしました。

感情に振り回される人生は終わりにしたい、クライアントさんの言葉が印象に残っています。

 

 

◆Step3 事実と思い込みを分ける

このクライアントさんはとてもマジメな方で、ちゃんと宿題をしてくれて、時々LINEで報告してくれていました。

そして3週間後、記入していただいたシートを見ながら、事実と思い込みを分けていきました。

人間はいかに自分の思い込みで世の中を見ているのか、それに気付いていただけました(^^)

 

長くなりましたので今日はここまでにします。
続きはまた書きます。