0感覚を付ける!

生まれながらにして目が見えない人が、視覚という新しい感覚を得たらそれはそれは感動でしょう。生まれながらにして5つの感覚を持っている人類が、新しい0感覚を得る感動をお伝えしていきます。

君たちはどう生きるか を読んで

f:id:k-bss:20181115074216j:plain

つまらない人生をウキウキの人生に☆
0感覚を付けて、人生リライズしちゃいましょう!

こんにちは、塚田武宏です。


ベストセラーになっている「君たちはどう生きるか」を読みました。

とても気づきの多い本でした~。

僕の気づきをシェアしながら、あなたにも何かしら伝われば良いなと思います。


1つ目。

かつ子さんがナポレオンについて語る場面で、次のセリフがありました。

「それが第一すばらしいことだと思うの。人間が人間以上になることだもの-」

これは真理を伝えていますね!

ここでは英雄的精神という表現をしていますが、命よりも大切なものに命を使う、と僕は受け取りました。

ただ命が惜しくない、とは違う。

今の時代、命が一番大切だという風潮がありますが、それでは人間死ぬときに絶望しかありません。

命よりも大切なものに命を使うからこそ、死ぬときに安らかに、満足して死ねるのではないでしょうか。


2つ目。

コペルのお母さんが石段の思い出を話す場面があります。

そこには、『人間には必ず後悔することがある。しかし、それは、生きていくうえで肝心なことを一つおぼえたということ。』とあります。

どんな人でも一つや二つ、思い出すだけで胸が痛むような後悔する過去があると思います。

その過去から目をそらすんじゃなくて、ただじっと過ちを認め、苦しむこと。

そして、二度と同じ過ちを犯すものか!という強い気持ちが、今後の人生に活きていくんだと。

僕は、後悔した出来事を思い出すのが辛くて、今まではあまり思い出さなかったのですが、これを読んでちゃんと向き合おうと思いました。

自分を責めるんじゃなくて、ただただ苦しむこと。

そして、今後の人生に必ず活かしていくこと。

それを強く誓いました。

 

300ページありますが、とっても読みやすい本です。

ちなみに皆さんはどれくらいのスピードで読むのでしょうか。

僕は超がんばって、3時間でした(^^;